人体モデル*タカ

軟弱極まりない自分の身体不具合を検証する!!

今度は咳が来た!

熱は下がったが、今度は咳となる。
噎せ返るような咳とネットで検索すると、すぐに恐い病気として肺結核とか肺癌とか出て来る。
今年始めから舌のピリピリ感とか、首筋の違和感、頬が押されているような違和感で何度ネットを検索したことか!
するとすぐに「恐い病気」って話が出て来る。僕は神経質な方だからすぐに病院に行く。
結局、耳鼻咽喉科(舌)と歯科(頬・首筋)でこの全ては解決したのだったが、最初から恐い病気なんて疑っていたら神経がすり減ってしまう。
咳は一日続いていたが、今は殆ど出ない。気管支付近も随分軽く楽になった。長きに渡った小児喘息の経験があるので、風邪とか鼻水とか熱とか咳とか、そういった方面はあまり気にしないです。ただし経験上、なかなか怠さがとれないとか、一旦治ったはずなのに夕方になると微熱が出るなどした場合は病院に行った方が良いかも知れないです。これは中学3年の冬に経験したのですが、何と肺炎でした。これで受験に影響したか?いいえ!全く関係ありません。もともと勉強しなかった通り、そのレベルの高校に入っただけです(笑)
今回の風邪では、かかり始めに風邪薬を飲みましたが、その後は就寝前にアミノバイタルと温かいお茶(ミントティー・黒豆茶)を飲みました。嫁はアミノバイタルが良かったのだ、と強弁しておりますが、どうでしょうか。
今回のポイントは、ネットでやたら調べるくらいなら病院に行きましょう!その方が解決は断然早いです。調べれば調べるほど恐くなりますから(笑)
ではまた♬