人体モデル*タカ

軟弱極まりない自分の身体不具合を検証する!!

検査その1・胃カメラ

これまで拙者が体験した検査をひとつひとつ紹介しましょう。その第一弾は迷いましたが、やはり有名な検査と言うならコレでしょうという「胃カメラ」ですね。
胃をチェックするには、この胃カメラと胃の透視と言われるレントゲン(バリウムを飲むアレですね)がありますが、皆様はどちらがお好きですか(笑)意外に人によるのですね。バリウムを飲むとひどい便秘になるので、最初から検診では胃カメラで受けるという同僚が数人おりました。
本当は胃の異常を見つけるには両方受けるのがベストだそうです。得意とするところが違うのですね。例えば胃の変形を確認するのであれば、バリウムということになるし、胃壁の状態、ポリープの状態を実際に診るのであれば胃カメラなのでしょう。
成人病検診のレントゲンで引っかかって要精密検査で胃カメラというのが1回。それから胃の調子がどうにも悪くて自分から病院に行ってやってもらったのが1回です。どちらも全く何もなし。でも自分から行った方では、胃腸の働きを良くするモサプリド(ガスモチン)を処方してもらいました。これは効きましたが、後日ネットで調べると副作用の少ない薬剤ということで少し安心しました。さて胃カメラですが、これは普通口からスコープを入れて行くわけです。この口から入れる方法は旧来のものですが、反射と言って「オエッ!」となります。スコープを入れている状態でこうなるのは、かなり辛いですが、この反射が出る出ないは検査する医師のテクにもよります。僕のかかり付けの医師はこの検査だけは(笑)実に上手い。反射など全くなかった。それと比較すると駅前のもっと大きな病院の若先生は駄目。
キツかったなぁ。先生達も経験と回数が必要なのかも。そしてこの口から入れる以外に、最近は鼻から入れるのがポピュラーになって来たらしい。僕も鼻から入れてみたのだが、鼻腔が歪で狭く痛くてとても入らなかった。仕方なく口から入れたのがその下手な(ごめん)方の先生だった。
でも、彼は診療はかかりつけの医師よりずっと丁寧で親切だし、細かく診てくれるので検査技術の向上があればと思います。
うちの母もそうなのですが、胃カメラの飲んでも「キレイですね、何もありません」と言われる。
結局、胃の具合が悪いのは他に理由があるからなのだと思います。神経的なところでしょうか。
バリウムを飲む胃部レントゲンは、毎年の成人病検診でもはやベテランの域?で、何と言うこともないです。
胃の調子がずっと悪い、芳しくない場合は、どうぞ挑戦してみてください。胃を本当に悪くすると元の元気を取り戻すのに3ヶ月程度は要します(21歳・25歳の時に経験、僕はここでタバコを止めました。というか受付けなくなりました)。
虫歯も胃も対応を早くすればする程、お金がかからない、苦しみもまた少ない。
胃の調子に最も関係しているのは僕の場合は、睡眠です。これほど如実に関係してくるものはないと思います。
毎日22時に寝て6時起床を続けたら、どんなに健康になるだろう?って思うのですが。
次回はCTスキャンと行きましょうか。
ではまたお会いしましょう♬