人体モデル*タカ

軟弱極まりない自分の身体不具合を検証する!!

ヨーグルトっていけないの?

ネットにてある記事を読みまして、疑問が沸きましたのでここで触れておきたいと思います。まず人の身体と食料に関して、正しいことを導き出すのは場合によっては至難の業ということだと思います。

まあ、ショートニングが身体に悪そうだな、、くらいは恐竜の脳(胡桃大くらいですね。)程度の僕でも分かる。
このヨーグルトに関する記事は、蕁麻疹との関係から拾ったものです。

僕が疑問に感じた点は、ヨーグルトと一言で言っても、商品によって入っている菌が違うのではないの?ということです。

ヤクルトのシロタ株雪印のガゼリ菌ってのもある。
それをまとめて全てのヨーグルトは蕁麻疹によくないから止めた方がイイというのは乱暴な気もします。但し、、、、
僕、、ヨーグルトって大好きなのですね。
このヨーグルトが蕁麻疹と関係していた可能性は捨てきれないわけです(笑)
ということで、僕の結論。

これぞ人体モデルタカの真骨頂でしょう(笑)

ヨーグルトをヤクルトに変更してみます。他は一切口にしないと。
嫁にグズグズ言われそうですが。
この結果は少し先になると思いますが、またご報告します。
なぜ、ヤクルトなのか?と申しますと、このヤクルトのシロタ株というので蕁麻疹の状況が改善させたという報告が某SNSのコミュニティ(という言い方で何か分かると思いますが)であがっておりますので、もろに信用してみようかな、、と!
僕は、正しいことをひとつだけと決めつけるのは嫌いなのですね。正しいも間違いも紙一重、自分の考えに耐えず疑問を持ち続けることが大切と思います。ヨーグルトが全て駄目とは今のところ考えないです。そのブログではネットを隈無くさらうのは無駄、、と言い切っておりますが、それだけ言い切るのは大変なことです。その先から、上記コミュニティでは逆な報告が上がっておりますが、これはウソっぱち、、ということになるのでしょうか。僕は、自分の身体でテストしてみます。調度アレグラが切れて、痒いのが復活してきたところでした。調度良いってことです。