人体モデル*タカ

軟弱極まりない自分の身体不具合を検証する!!

検査本番、、しかし夢の中?〈大腸内視鏡検査に挑む・その3〉

〈13:30〉さて、、遂に検査時間が迫り病院へと向います。車、バイク、自転車は控えるように、という注意書に従い徒歩で向います。

13時45分に病院にて受付を済ますとすぐに検査室に通され、検査着に着替えるようにと、上下渡されます。ステテコみたいなズボンはお尻側が開いていてスコープを入れるようになっている。これは一度やったことがあるので違和感なし。
まず、点滴の針を刺します。これは水みたいなもの、これまでの下剤による脱水状態を緩和するためのものらしいです。
そして、この辺から意識がボンヤリしていくのですが、少し眠くなります、、と言われて注射をされたような気がする。お尻にスコープを入れたのもあまり憶えていない。
何時の間にか男性医師が傍に立っており、それが池◎先生だったと、そして「あぁ、この方で良かった!」と思ったこと、モニターに自分の大腸各部が映っているのが少しだけ目に入って、先生が「ポリープなし、異常なしだね」と言ったところで意識が遠のいて行きました。その瞬間「あぁ、、リハーサルに行ける!」そのようにボンヤリ思ったものです。
検査が始まったのが14時調度、5分程度で前処理が終わり、スコープを入れたのが14時15分前後と思われます。意識を回復したのは15時15分です。

そこで看護スタッフさんから「ご苦労様!点滴が終えるまで休んでいてください」と言われ、考え事をしたり、ウトウトしたりして16時で着替えをして結果を聞く流れとなりました。
結局、大腸は全く異常がなかった。この大腸が最も気になるところだったので、安心しました。一度は内視鏡検査をやらないと!!と思って何年も経過してしまいました。
しかし、やってみると意外に楽かも知れません。大変なのはむしろ下準備でしょう。
洗浄剤を1.8L飲まなければならないところがポイントかと思います。
しかし、前のブログでも書いたとおり、少し冷やしておくと飲みやすいです。これは、病院の案内に説明がありましたが、常温で少し温かったりすると気持ち悪いかも知れません。今でもお腹はゴロゴロ言っております。強力ですね、この洗浄剤というのは。
先ほど夕食をいただきましたが、1日ぶりです。嫁にも痩せたね!と言われ、良きダイエットとなりました。それより何より、明日のリハーサルに参加出来ることが嬉しい。これで今日、お昼時、ピアノを練習したことが活きて来ます。皆様も便通がおかしかったり(軟便が続いている・便が細い・便秘が続いている)腹痛がある場合は、自己判断しないで病院に行くのが「吉」と思います。