人体モデル*タカ

軟弱極まりない自分の身体不具合を検証する!!

蕁麻疹を徹底的に根絶したい!!!

蕁麻疹がなかなか治らない。
皮膚科に通っているが、昨年の夏を最悪だった状態とすると、それよりは少しだけ良い状態であり殆ど改善していない印象だ。

蕁麻疹が出現するのは身体のあらゆる部位だが、特に、手首、手の甲、掌、次が首の付け根付近。これが圧倒的に多い。
蕁麻疹に悩む方の多くは似たような感じじゃないかな?と思う。
昨年、一昨年と検査漬けだったし、成人病検診も欠かさない。
原因は分からないが、あやしいところを下記に挙げてみる。

1.血圧降下剤の副作用。これは毎日朝服用しているが、血圧降下剤の副作用として代表的なものとして蕁麻疹があがっている。勿論、これは薬によっても異なるが僕が処方されているオルメテックはしっかりとその集合体に入る。

2.カフェイン摂取。珈琲無しでは生きていけない?ほどの珈琲好きなのだけれど、カフェインも蕁麻疹の起因となるらしい。一日、5、6杯は飲んでいることになるので、一度思い切って止めてみる手もある。が、カフェインというのは何も珈琲だけではなくお茶各種にも含まれる。カフェインレスを謳っている飲料を飲むしかないのか?いやはや苦しい道のりではある。

3.睡眠不足と疲労・ストレス。おそらくこれが僕個人では最大の要因と思われる。とにかく睡眠は足りていないし、質もまた悪いのである。音楽が上手く行っていないという実は意外な盲点もありそうだ。ライブ後に健康を取り戻すところが以前から感じているところ。年齢を考え、そろそろ趣味と割り切って音楽を楽しみ、バンドを率いるのは(笑)潮時かも知れない。音楽は確かに人とやるところが楽しい。しかし一人でも楽しめることを知っているはず。
4.自分でも気が付かない原因。アレルギーを起こしている。それは金属、擦過、ゴムやベルト等による機械的なもの、様々で考えたらきりがない。しかし3と並んでこの辺もかなりあやしい!と睨んでいる。ただこれは検査をしてもらわないと特定出来ない。何か身に付けているもの。もしくは洗剤や、歯科治療の関係、うーん、、わからん!!

こうして整理してみると何となく対策がとれそうな部分がありますね。
すぐに出来る事は以下でしょうか。

1.出来るだけ睡眠をとる。
2.ストレスを溜め込まない。考え過ぎない。考え方、意識を変えてみる。
3.薬の副作用は医師に相談してみる。
4.徹底的にカフェインレス。甘いもの大好きを改める。
5.読書や音楽を聴く時間を設定し、その間は何もしない、考えない。

こんなところでしょうか。少しトライしてみましょう。結果はまたここに書きますので、よろしくお願いします♬